奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

タンクレストイレとは?

「タンクレストイレ」は、その名の通り「タンクが無いトイレ」です。
タンク式のトイレでは、一旦タンクに水を溜めて、排出する力で流しますが、タンクレストイレは、水道から直接水を電動で流し込む作り「水道直結型」になっています。

そんなタンクレストイレは、タンクが無い分視覚的に圧迫感がなく、タンク式に比べるとトイレの狭い空間でも少し広くなった感じを受けます。

そして、洗練されたスタイリッシュなシルエットは、タンクレストイレを扱う多くのメーカーがグッドデザイン賞を受賞するなど、デザイン面でも評価されています。

タンクレストイレにリフォームするメリット

デザイン面はおしゃれなだけではなく、隙間が少なく平面的な形をしている為、掃除がし易いというメリットがあります。
また、タンクが無い分障害となる出っ張りもないので、トイレ内も掃除がし易いです。
当然、タンク掃除も必要ありません。

そして何よりも、水をためる必要がないという点が良いところ。
タンク式の場合は一度水を溜めるので、タンクが溜まるまで1分前後は水を流せませんが、タンクレストイレは水道直結型なので、連続して流せるメリットがあります。

更には、一度に流す水量もタンク式に比べて半分程度となっています。

タンクレスにするデメリットは?

タンクレストイレは、ウォッシュレットがトイレの本体が一体となっているため、ウォッシュレットが故障しても、それだけを交換することはできません。

メーカーによる修理対応となります。
最新のウォッシュレットが出たとしても、トイレそのものを変えない限りは交換ができません。

また、タンク式ではトイレ後の手洗いをタンクから流れる水を使われる方がいらっしゃいますが、タンクレスではそれが出来ません。

手洗い器を取り付ける場合

トイレ内で手を洗う様にする為には、手洗い器を設置する必要があります。
手洗い器は、トイレとは別に給排水管の設置工事が必要になったりする場合がありますので、トイレ本体以外の部分にも費用がかさむ可能性があります。
また、水道直結のタンクレストイレの利用には、お住まいが必要最低水圧を満たしているかどうか確認も必要です。

特に、マンションや戸建ての2階は、最低水圧を満たしていないことがあり、トイレの流れが悪くなったり、詰まったりする可能性があります。

そのような場合には、さらに水圧強化部材の購入も検討が必要な場合があります。

タンクレストイレへのリフォームに掛かる費用と内訳は?

タンクレストイレ本体価格は、機能によって様々ですが、20万~40万円程度掛かります。

そして、その本体の設置に掛かる費用として、元あるトイレの解体処分や設置工事、配管工事でおおよそ10万円前後です。

さらに手洗い器の設置をする場合には、手洗い器自体が4万~10万円ほど、設置と配管工事費で5万円前後掛かりますので、それが本体の設置コストに加算されます。

●費用内訳
(タンクレストイレ)

・タンクレストイレ本体:20万~40万円
・トイレ解体処分費用 :約3万円
・設置工事費用    :約5万円
・配管工事費用    :約3万円
——————————————————————
合計         :30万~50万円

(手洗い器)

・手洗い器本体    :4万~10万円
・設置工事費用    :約3万円
・配管工事費用    :約3万円
——————————————————————
合計         :10万~16万円

(トータル)
タンクレストイレ + 手洗い器=40万~66万円

おおよそこの金額は、タンク式トイレにウォッシュレットを付けた費用に比べて、5万~15万円程度高い金額となっています。

和式トイレからリフォームする場合は、電源工事などがあるので工事費用がさらに掛かる可能性があります。

DIYで安くできる?

少しでもタンクレストイレを安く設置するために、今流行のDIYを検討される方もいらっしゃるかもしれません。
水回りのDIYは注意が必要ですが、特にタンクレストイレは、水道直結型なので、慣れない方が設置すると上手く流れなくなる場合があります。

また、集合住宅などでは、水漏れのトラブルなどに発展するリスクもあります。

手洗い器までの設置も含めて検討されている場合は、レイアウトや配管工事等も考えると注意するべきポイントも増えてくるので、リフォーム業者にお任せすることをお勧めします。