奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

リフォーム、学べる『リフォらん』

クローゼットとは


クローゼットとは、主に衣服や雑貨などを収納するスペース・家具のことを指します。
内部には使い方に応じて、衣類を吊るすためのハンガーパイプや、棚板や引き出しを付けることができます。
最近では、人が中を歩けるタイプの「ウォークインクローゼット」を作る方も増えています。

壁面かウォークインか


クローゼットを新設・リフォームする際には、壁面クローゼットにするか、空間を拡張してウォークインクローゼットにするか、を先に決定しましょう。
それぞれのメリットとデメリットを把握して、ご家庭に適したタイプを選んでくださいね。

壁面クローゼットのメリット・デメリット


壁面クローゼットは、狭い空間にも新設しやすいのが魅力です。
洋服をクローゼットいっぱいに横一列に吊るせるので、洋服が選びやすく、また空きスペースに合わせて収納ボックスや小物を置けるので、狭くても無駄なく収納できます。
一方で、床面積が少ないため、スーツケースなどの大きな物は収納しにくいという欠点があります。

ウォークインクローゼットのメリット・デメリット


ウォークインクローゼットのメリットは、スーツケースやストーブのようにかさばる物を床置きできるという点です。
中を歩けるため、壁面タイプのクローゼットよりも、収納している物を出し入れしやすくなります。
ただし、人が歩くためのスペースが必要になる分、収納部分として使えないデッドスペースが生まれることになります。
なお、狭小スペースに設置できる半個室タイプのクローゼットも人気があります。

クローゼットの種類


折れ戸

折れ戸
クローゼットで主流なのは、折れ戸タイプの扉です。
開けたときに全開にできるため物の出し入れ時に便利です。
しかし扉を開けるためには、最低でも扉板1枚分のスペースを空けておく必要があるため、扉の周辺に物を置けないという難点があります。
また、扉を引っ張る動作が、握力が弱くなってきた高齢の方には負担になってしまいます。

引き戸

引き戸
引き戸は、小さな力でもスムーズに開閉できることと、クローゼットの前に物があっても影響されない点が魅力です。
しかしながら、開口部の半分しか開けられないことに不満を感じ、折れ戸や開き戸に交換する方も多いです。

開き戸

開き戸
開き戸のメリット・デメリットは、引き戸とほぼ同様です。
とはいえ、扉を開けるためのスペース確保や、内部の見やすさは折れ戸の方がやや有利のため、壁面クローゼットをリフォームするときに、あえて開き戸に交換する方は少ないです。
ウォークインクローゼットの場合は開き戸を採用される方が多いですが、壁面クローゼットをリフォームする際は、特に開き戸にこだわりがなければ、折れ戸か引き戸を選ぶ方が使い勝手が良いでしょう。

鏡張り

鏡張り
扉の一部もしくは全面を姿見として使えるように、鏡張りにする方法もあります。
着替えのときの姿見として使う場合は、折れ戸であれば扉の前面に、開き戸でしたら裏面に鏡を設けるのが一般的です。
ダンスやバレエの練習をされているご家族がいる場合は、扉の表面全体を鏡張りにすると重宝します。

扉なし

扉なし
なお、クローゼットの扉を思い切って撤去する手もあります。
圧迫感のある扉を取り外すだけで、開放感のある空間が生まれます。
あえて「見せる収納」にすることもできますが、クローゼット内の衣服をホコリから守るために、カーテンやアコーディオンドアに付け替える方もいます。
再び扉を付けたくなったときのために、既存のドアレールを残しておくことも可能です。