奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

リフォーム、学べる『リフォらん』

リフォームで壁紙クロスをおしゃれにするには??

壁紙の張り替えリフォームの際に、白いビニールクロスから、ほんの少しだけ冒険して、部屋をおしゃれに決めましょう。色にこだわるもよし、アクセントをつけてみるもよし、素材を変えてみるのもよし。選び方次第でイメージが変わるだけでなく、部屋を快適にする効果もあります。

おしゃれなリビング

どんな壁紙を選ぶかで、部屋のイメージが大きく変わるのはもちろん、快適度も変わる

室内で壁紙が占める面積は大きく、例えば6畳間なら、床面積は約10m2なのに対し、壁の面積は約25m2。天井も加えれば、合計35m2にもなります。

10m2の面積の空間で、35m2もの大きな面積を占めるわけですから、どんな色柄を選ぶかで、インテリアのイメージが決まるのはもちろん、どんな素材を選ぶかで、部屋の環境も変わります。どうせリフォームするなら、上手に選んで、おしゃれで快適な部屋にしましょう。

グレーの壁紙を使いこなせば、手軽にセンスアップ

まずは色選びから。インテリアを手軽にセンスアップさせたい時に使える色、グレーの上手な使い方をご紹介します。壁紙の張替えでは、飽きがこないよう、無難なベージュ系を選んでいる人も多いと思いますが、手軽にセンスアップさせたい時にオススメなのがグレーです。

グレーの壁紙は、白いインテリアアイテムと相性がよく、また木調の家具ともよく似合います。選ぶ際のポイントは、クール過ぎない温かみのあるグレーを選ぶこと、またサンプルで見た時に、濃すぎると感じるくらいでちょうどよく決まります。

暗くなるのでは?という心配もあまり要りません。ビニールクロスは光の反射率が高い素材なので、例えば上の写真程度のグレーなら、明るさはそれほど変わりません。

チャコールグレーのように濃い色を使う場合は、全面に張るのではなく、部分張りでチャレンジしてみましょう。では次は部分張りのテクニックをご紹介します。

派手な色柄をアクセントカラーにすれば、おしゃれ度アップ

部屋の壁4面全てに、同じ壁紙を張る必要はありません。壁面によって色を変えたり、部分的に柄物を使ったり、アクセントを付けることで、おしゃれ度はぐんとアップします。

サンプル帳を見ていると、こんな派手な色や柄、いったいどこに使うの? というようなデザインがありますが、部分使いをすれば、とてもすてきなアクセントになります。

柄物をアクセントにする際は、その中の1色を使って他の部分のインテリアをまとめれば、上手にコーディネートできます。また単色の場合は、少々濃い色でも、彩度(あざやかさ)が低い、くすんだ色を選べば大丈夫。落ち着いた空間を作ることができます。

天井にグレーの壁紙を張ると、白を引き立てクールに決まる

天井は白い色を選ぶ、と決めつける必要はありません。白を選ぶことが多いのは、部屋を高く、明るく見せる効果があるからです。意外に似合うのがグレーで、他の白い部分を引き立て、落ち着いた空間を作ることができます。

コルクやシルクの壁紙など素材にこだわれば、部屋が快適になる

壁紙の素材にはビニールだけでなく、シルク、コルク、紙、毛織物などがあり、また様々な機能が付加されているタイプもあります。

シルクのよさは何と言ってもその美しさと高級感です。つややかな光沢と発色で、素晴らしい陰影を生み出します。

コルクは弾力性があるので身体がぶつかってもケガをしにくく、水や薬品、腐食に強く耐久性があります。注意したいのが、コルク調と本物の違いです。コルク調はあくまでも柄を印刷した製品で、本物とは異なります。

壁紙クロスリフォームのお役立ちコラム