奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

リフォーム、学べる『リフォらん』

メニュー

リフォームでキッチンの移動の可否は、建築士やリフォーム会社に要相談を

リフォームでキッチンの移動の可否は、建築士やリフォーム会社に要相談を

キッチンの移動は、建物の構造上できる場合とできない場合があります。
キッチンを移動すると、レンジフードやシンクの位置も変わりますが、排水口や換気口の移動は容易ではありません。
排水の勾配や配管スペースの関係で、希望の場所には移動できない場合もあります。

特にマンションの場合、共用部分に繋がっているため、全面リフォーム以外でのキッチン移動はほとんどできないと考えたほうが良いでしょう。
鉄筋コンクリート造の住宅の場合も、コンクリートを削るのは困難であるため、移動に制限がでてきます。

キッチンの移動が可能かどうかは、素人判断ではなく、建築士やリフォーム会社の担当者の相談が必要となります。

場所移動のリフォームが可能な場合、気をつけるべきポイント

キッチンには、壁付け型、対面キッチン、L型、アイランド型など、色々なタイプがありますが、移動の際に壁付けキッチンから対面キッチンになる場合は特に注意が必要です。

壁付けキッチンと対面キッチンでは、もともと必要とする部屋の面積が違います。
「キッチンを移動したら、かえって使いにくくなった」ということがないよう、次のポイントに気をつけてリフォームしてください。

①対面キッチンにしたときに、十分なダイニングスペースが確保できるか

壁付け型のキッチンなら、調理スペースとダイニングテーブルの椅子を引くスペースを兼ねられますが、対面キッチンでは調理スペース、椅子を引くスペースの両方が必要になります。

・調理場の通路幅
1人利用の場合=90cm~110cm
2人利用の場合=120cm以上を確保

・ダイニングテーブルの椅子を引くスペース(ダイニングテーブルの端からの目安)
椅子の後ろが通路にならない場合=75cm
椅子の後ろが通路になる場合=140cm

スペースの確保が難しい場合は、テーブルのサイズや置き方なども考慮してみてください。

②調理台のスペースは十分か

壁付け型から対面キッチンに買い換えて移動する場合、新しいキッチンの調理スペースが十分確保できているか、作業台の高さが使う人の背丈にあっているかなどに注意してください。

・調理台に必要なスペース=幅50cm以上は確保。
(料理好きや人数が多い家庭は、さらに広めの調理スペースを意識する)

③実際に使う時の動きやすさを考える

・調理をするときの動線=快適な作業が出来る配置の目安として、コンロ、シンク、冷蔵庫の3点を結ぶ三角形の辺の合計がおおよそ510cmになっているか。
・キッチンからダイニングテーブルへ料理を配膳するときの動線
・給油器のリモコン、玄関のインターホン機器との距離が離れすぎていないか

など、日常的に使うキッチンとダイニングスペースは、ゆとりのある気持ちの良い空間であるよう、日頃の生活動線に気を配って移動場所を決めることが大切です。

キッチンの位置を変えるリフォームにかかる費用の内訳

キッチンを移動する際には、キッチンがあった場所の床や壁を補修しなければなりません。

また、キッチンの位置を変えるために移動させるのにも工賃が発生します。

電気配線や水道管などの工事が必要になることもあります。

これら全てを含めて約170万~300万円がキッチンの配置換えにかかる費用の相場です。

キッチンがあった場所の床や壁の補修にかかる費用の相場は約10万~20万円です。

キッチン場所移動は約90万~120万円、水道管や電気配線の工事は約20万~30万円が相場になります。

また、マスキングテープによる養生や廃材処分費など諸経費に約30万~50万円の費用がかかります。

必須ではありませんが、キッチンの位置を変えることで壁紙やクロスが部屋に合わなくなることがあります。

壁紙やクロスを張替えるのであれば、約4万~6万円の費用がかかります。

キッチンを2階に移動する場合にかかる費用の相場

2階にキッチンを場所移動させる場合は、給排水管の工事やダクトの移動、電気配線工事などが必要になります。給排水管の工事に関しては、既存のキッチンの直上に移動させることで比較的容易に取り付けできる場合があります。

これらの工事だけで約50万~70万円はかかります。

2階にキッチンを移動させるための内装工事が必要になるため、同じ階で移動させる場合と比べて費用が高くなります。

内装工事では必要であれば壁を壊し、キッチンを取り付けるためのスペースを作ります。

内装工事にかかる費用の相場は約40万~100万円と幅広く、見積もりを出してもらわなければわかりません。

キッチンのリフォームで換気扇の移動は可能?

換気扇のレンジフードの排気は最終的に外部に開いた排気口から吐き出されます。この排気口とレンジフードはダクト(空気を運ぶための管)でつながれますが、この距離が長いと吸い込む力が弱くなってしまうのです。せっかく性能のいいレンジフードに変えても、効果があまり得られない……ということにもなりかねません。排気口までの間に出っ張った梁があると、ダクトをつなげないこともありますので、現場調査の際にきちんと確認してもらいましょう。

キッチンのグレードで場所移動にかかる総費用が変動する

キッチンにはI型やU型、アイランド型などがあります。それらによって価格の相場が異なります。

システムキッチンや人工大理石を使用したものであれば更に価格が高くなり、約120万~200万円もの費用がかかります。

また、システムキッチンの取り付け工賃に約50万~100万円かかり、合計で約300万円~400万円が総費用の相場になります。

キッチンをI型システムキッチンにする

キッチンをリフォームでI型システムキッチンにする場合

    参考費用
    約70万円~110万円

    シンクと加熱調理機器、調理スペースが一直線にレイアウトされ、壁付で設置することが多いI型キッチン。一般的で取り扱いも豊富なため、手ごろな価格から設置できるのが魅力です。
    I型は、調理作業中キッチンに沿って横一線に移動するので、特にコンパクトな場所に向いています。反対に幅が広いものは移動距離が長くなってしまい、やや非効率的に。また、コンパクトに設置できる分、調理スペースが狭くなりがちという側面もあります。とはいえ、一人で作業するには十分。一度に数人でキッチンに立つ機会がないなら、小回りが利き使いやすいキッチンとなるでしょう。
    目の前に壁が広がり若干の圧迫感はありますが、他の部屋への油はねの心配もなく、においも広がりにくいです。壁付の独立キッチンをリフォームする場合は大きな移動もなく導入可能。そのため、コストをさらに抑えやすく工期も短くて済みます。


i型システムキッチンのメリット・デメリット見る


キッチンをL型システムキッチンにする

キッチンをリフォームでL型システムキッチンにする場合

    参考費用
    約90万円~120万円

    L型キッチンは名前の通り、L字に曲がったレイアウトのキッチン。システムキッチンの場合は、シンクと加熱調理機器は同じライン上ではなく、L字の両側に振り分けたものが主流です。
    その魅力は調理スペースの広さと動線の良さ。加熱調理機器とシンク以外は調理スペースとなり、ゆったりと効率的に調理ができます。壁付で設置されることが多いL型キッチンは、対面式のように家族の様子を見ながら調理するよりは、広いスペースを活用して皆でワイワイ調理したい方にはおすすめのキッチンのひとつです。また、十分な広さを保ちつつも加熱調理機器⇔冷蔵庫⇔シンクの動線が三角になり、比較的少ない移動で調理できます。
    ただ、設置には広いスペースが必要です。独立型キッチンとダイニング、リビングを1つのLDKにするリフォームなら空間に余裕ができ、取り入れやすいでしょう。


l型システムキッチンのメリット・デメリット見る


キッチンをペニンシュラ型システムキッチンにする

キッチンをリフォームでペニンシュラ型システムキッチンにする場合

    参考費用
    約95万円~115万円

    ペニンシュラ型というとピンとこないかもしれませんが、対面キッチンと聞けば多くの方がお分かりになるのではないでしょうか。キッチンの短い一辺を壁につけ、半島(ペニンシュラ)のように突き出したキッチンのことを言います。
    人気の対面式ですが、同じ対面式のアイランドキッチンはカウンターの両側に通路が必要なのに対し、片側のみ通路を確保できればいいペニンシュラ型は、間取りの制約を受けにくいという利点があります。さらに、多くが壁に接する部分に加熱調理機器を設置するので、その前にだけ仕切りを設置するなどして、油はねやにおいの拡散を抑えることができます。調理スペースはI型よりも奥行きがあり、対面式で開放感もあるというバランスの良いキッチンです。また、ダイニング側にカウンターを設け、キッチン付近で家族とコミュニケーションをとるなどアレンジしやすいのも魅力です。


ペニンシュラ型システムキッチンのメリット・デメリット見る


キッチンをアイランド型システムキッチンにする

キッチンをリフォームでアイランド型システムキッチンにする場合

    参考費用
    約110万円~210万円

    調理設備を壁に接することなく、島(アイランド)のように独立させたアイランドキッチン。海外でよく見るこのレイアウトに憧れる方も多いのでは?
    アイランドキッチンは仕切りや壁など視線を遮るものが少なく、開放感は抜群。リビングダイニングとの境界をあまり感じずにコミュニケーションが取れ、キッチンが明るい印象になるでしょう。広い調理スペースは四方から使えて、多人数で料理を楽しみたい方に向いています。また、キッチンカウンターが完全に独立しているので周回できる機動性の高さも魅力。料理を運ぶ、食物を冷蔵庫に収める際にサッと行き来できます。
    アイランドキッチンはキッチンの中でもハイグレードで高価格。その分、洗練されたデザインのものも豊富。とはいえ、かなり目につきやすいキッチンのため、こまめな掃除と整理整頓が必要です。憧れだけではなく、ライフスタイルと掃除の手間も考慮して選びましょう。


アイランド型システムキッチンのメリット・デメリット見る

キッチンをずらすならクリナップを採用

キッチンをずらす

クリナップなら微調整が効くので、マンションの梁の出っ張りにも対応します。例えば、幕板タイプのレシジフードなら、キッチンの奥行き方向に梁があっても、幕板を切り欠いて設置ができる場合もあります。吊戸棚の場合は、間口方向に梁がある場合に梁欠き対応が可能です。

キッチンリフォームのお役立ちコラム集