奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

リフォーム、学べる『リフォらん』

メニュー

台所・キッチンの床材の種類

キッチンの床は、油、水、洗剤などの飛び散りで、汚れやすい場所でもあります。

床の張替えリフォームでは、一般に防汚性や耐水性が高く、掃除がしやすい床材が好まれます。

どのような床材があるのか、またそれぞれの特徴についてみてみましょう。

クッションフロア

キッチンの床の張替え費用は?
塩化ビニール製のクッションフロアは耐水性があり、タイル風、木目調、大理石風など、色やデザインが豊富なのが特徴です。

また、抗菌、消臭、防カビなどの機能を持たせたクッションフロアもあります。価格も比較的安価ですが、熱には弱いので注意が必要です。

タイル

タイルの床材は、耐久性と耐水性に優れているので手入れが楽です。

色やデザインも豊富なので、自分好みのデザインにコーディネートすることもできます。

しかし、滑りやすいので注意が必要です。

また、ひんやりとした感触があり、夏場は涼しく過ごせますが、冬場には少し冷えます。

床暖房対応のタイルを利用すると良いでしょう。

コルク

コルクガシの樹皮を圧縮成形した木質系の床材です。

耐久性、断熱性、防音性に優れ、弾力性もあるので、足腰への負担も少ないといわれています。

コルクの床材をキッチンで使用する場合は、表面加工で耐水性、防汚性を強化したものを選ぶと良いでしょう。

フローリング(無垢と複合)

フローリングとは木質系の床材のことですが、無垢(単層)と複合フローリングがあります。

無垢とはチーク、ヒノキ、メープルなど、単一の木材を使用しているフローリングのことです。

一方、複合(複層)フローリングは、合板の表面に薄く削った天然木を張り合わせたものと、樹脂化粧シートを張り合わせたものがあります。

無垢材は天然の風合いを感じることができ、温かみもありますが、傷つきやすいというデメリットもあります。

防水、防汚、耐傷などに対応した表面加工が施されているものを選ぶと良いでしょう。

大理石

大理石は天然の石の風合いを味わうことができ、ゴージャスなイメージを演出することができますが、傷つきやすく、冷たいというデメリットがあります。

しかし、最近では天然の大理石を薄く切り、ハニカム材に張り付けた「大理石複合パネル」という床材が登場しました。

天然の大理石に比べると軽くて丈夫なのが特徴です。

既存のフローリングに重ね張りすることもできるので、簡単にリフォームすることができて、工事費を抑えることも可能です。

台所・キッチンの床の張替えの目安

キッチンの位置を移動した場合には、フローリングなどの床材の補修か張り替えが必要となります。台所・キッチンの床材には、滑りにくく保温性のあるコルクも向いていますが、フローリングの張り替えと同等以上の費用を要します。キッチンのフローリングの張り替え費用は10万円前後が目安です。

キッチンのリフォームで、キッチンの位置を変更した場合には、既存のキッチンがあった場所のフローリングなどの床材や壁紙の補修、あるいは張り替え費用が生じます。ただし、施工方法によってはキッチンの下に当たる見えない部分には、フローリングが張られていないこともあります。フローリングが張られていた場合にも、状態によっては補修での対応は難しいです。

同じフローリングがない場合には、一部だけ違うフローリングを張ると、見た目には違和感があるケースが多いです。また、フローリングの張られている方向と、既存のキッチンの長手方向が垂直の場合、一部を張り替えてきれいに納めることは難しいです。

キッチンの位置を変更した場合には、フローリングなどの床材をキッチン全体で張り替えた方が、仕上がりがきれいです。オープンキッチンの場合には、キッチンとリビングダイニングで、異なる素材の床材として見切り材で区切るか、リビングダイニングまで含めた張り替えとなります。

コルク床に張り替える費用は?

キッチンの床材としてコルクは、保温性や断熱性に優れていることから、キッチンでの底冷えに悩んでいる人におすすめの床材です。コルクは滑りにくいため、水ハネしたときも安心です。コルクには、階下への衝撃音を緩和する効果もあります。ただし、マンションでは既存の床材と異なるものへの変更は、管理規約で禁止されているケースもありますので確認が必要です。

また、キッチンの床材をフローリングからコルクなどの他の床材へ変える場合には、厚みが異なることが多く、下地の調整が必要です。フローリングは商品によって価格差があるので一概にはいえませんが、コルクへの張り替えは複合フローリングの場合と同等以上の費用を要します。

キッチンの床材張り替えに掛かる費用の目安

キッチンのフローリングの張り替えでは、10万円前後が費用の目安です。築年数が経ち、床がぶよぶよしているように感じるときには、フローリングなどの床材や下地の合板を支える根太が腐っていることが多く、根太の交換費用も生じます。フローリングよりも、クッションフロアやフロアタイルなどの床材の方が安価です。

キッチンリフォームのお役立ちコラム集