奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

給湯器の選び方

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

リフォーム、学べる『リフォらん』

号数の違い

ガス給湯器には号数というものがあります。出湯した際にお湯が出てくる量を示す単位です。16号、20号、24号の3タイプがら選びます。数字が大きいほど、お湯を大量に出すことができてパワフルです。下図は同時に使用した場合の湯量の目安です。

給湯器の号数

・上記グラフは目安です。配管条件「配管長さ・配管径・配管系路」、給水圧、給水温度により異なる場合があります。
・給湯器に近い蛇口ほど、お湯の量はたくさん出ます。
・お風呂場は給湯器に近いことが多いので、シャワーがたくさん出ます。
・冬場の水温の低いときにお湯の出が悪くなりがちです。
・今現在のお湯の出に不満がある場合は、1つ上の号数がオススメです。
・2カ所同時使用が多い場合は24号以上がオススメです。

フルオートとオートの違い

ガス給湯器には「フルオート」と「オート」があります。どこが違うのでしょうか?違いは2つ!!「自動足し湯機能」と「配管クリーン機能」、「フルオート」はお湯があふれても設定水位より約4センチ下がると、自動的にたし湯してくれます。また配管クリーン機能がついているので、追焚配管を洗浄してくれます。

給湯器のフルオートとオートの違い
おふろ機能の違い

お湯を使う頻度や量を考える

給湯器を選ぶ前に、自宅で使うお湯の量やお湯を使う頻度を大体で良いので把握しておきましょう。
1日中たくさんお湯を使うようならば、電気給湯器よりはガスや石油給湯器の方がお勧めです。

家の状態を考慮する

マンションなどの集合住宅は、石油給湯器は不可という所もあります。
また、石油からガス給湯器に変えたいが、ガス管が給湯器まで伸ばすのが難しいというケースもあるでしょう。
このように、家の状態によって給湯器の形状が決まってしまう場合もあります。
また、オール電化住宅の場合は、最初から「電気給湯器」か「エコキュート」かの2択しか選べないこともあるでしょう。

工事の手間も考える

単純にコストだけを比較すると、エコキュートやハイブリット給湯器の方が良いでしょう。
しかし、エコキュートやハイブリットを導入するには、大がかりな工事が必要です
特に床暖房も一緒に導入しようとすれば、床板もはがす必要があるでしょう。
ですから、導入費用も考えて給湯器を選びましょう。
前述したようにエコキュートやハイブリット給湯器は家を新築したり、リフォームするのと同時に導入する方が費用が安く済みます。