奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

リフォーム、学べる『リフォらん』

外壁カバー工法について

外壁リフォームの中には「外壁塗装」「外壁カバー工法」「外壁張替え工事」というものがあります。今回は当店が扱う【外壁カバー工法】についてご紹介したいと思います。

外壁カバー工法(窯業サイディング)とは

外壁カバー工法とは簡単に言えば、今の壁の上に別の外壁材を取り付けていく工法です。

外壁カバー工法は、使用する外壁材が大きく2種類。「窯業系サイディング」と「金属系サイディング」とあります。

この2つの違いは、まず素材です。窯業系サイディングとはセメント材を中心に作られている外壁材です。一昔前はモルタル壁の建物が多かったのですが、モルタル壁に変わり新しく出てきたのが、窯業系サイディングです。金属系サイディングの素材はガルバリュウム鋼板とアルミとありますが、アルミ製品の金属サイディングは不具合が多い為に、現在アルミを採用しているメーカー。アルミサイディングをお勧めする業者は少ないと思います。またガルバリュウム鋼板とは屋根材でも使いますが、金属の外壁としても、幅広く使われています。

外壁カバー工法のメリット・デメリット

外壁カバー工法にも様々なメリット・デメリットが有ります。

メリット

傷んだ外壁でも、新築同様の外壁にできる
様々な機能性素材があり、耐震性アップや、防火性能、断熱効果や遮音効果、汚れ落ち効果などを追加することができる
もちが非常に良い
工事期間も短い
住みながらのリフォームが可能、騒音もかなり抑えられる
など、お手軽・機能性・見た目の三拍子揃ったやり方です。

新築戸建のほとんどは今はデザイン性の高い窯業サイディングが使われています。

デメリット

価格の面では外壁塗装と比較した場合どうしても割高になる事や、外壁カバー工法は普通の外壁工事よりも施工が難しい面が多く、ただ張れば良いという訳ではなく、きちんとした知識・経験を持った職人が施工を行わなければ、結露等の弊害が起こってしまいます。

以上のメリット・デメリットがあります。これから外壁リフォームをお考えの方で外壁の色あせだけの問題でなく、遮熱、断熱効果を得たい。外観の雰囲気を変えたい。という方にとっては外壁カバー工法も選択肢の一つとして選んで頂く事が出来ると思います。