ビセンリフォーム

奈良県の奈良市・生駒市を中心にリフォームを行うビセンリフォーム

外壁の豆知識

外壁や屋根は直接風雨にさらされる部分なので汚れやすく、年々劣化が進みます。
外壁や屋根にひびが入るとそこから水分が入ったりして、柱など家の構造部分の腐食につながりますので、早めの手入れが必要です。

外壁のリフォームの種類

外壁の一般的なリフォームは「外壁の塗装」や「サイディング張り」などです。
どちらも一長一短があるので状況に応じて検討すると良いのですが、簡単に説明すると、
サイディングは初期投資が高いのですが、断熱性などは高くなり、メンテナンスも楽です。
外壁塗装はサイディングより費用は掛かりませんが、定期的に塗装をする必要があります。

外壁塗り替えの目安は築後 7 ~ 10 年です。

下記の中で当てはまるものはありますか?

  • 外壁の汚れが目立つ
  • 壁を手でこすると白い粉がつく
  • 壁にひび割れが入っている
  • コーキングにスキ間がある
  • 塗膜のハガレ・浮きが目立つ
  • カビ・さびが発生しているく
  • 変色している

大切なのは塗り替えの時期です。早目早目のお手入れが住まいの寿命を延ばします。
建物の老朽化が進むほど、簡単に塗り替えが出来なくなります。10年位を目安に定期的に点検しましょう。

なぜ塗り替えが必要なのでしょうか?

もちろん建物自身の見栄えをよくするといった視覚的要素もありますが、建物を外的環境から保護するといった要素が大きなウエイトを占めています。
建物を保護している塗膜も年数と共に、少しずつダメージを受けて、やがてひび割れを生じたり、ハガレを生じたり建物自体のダメージにつながっていきます。
建物を塗り替えることによって、傷んだ部分を補強し保護力を高めるだけでなく、新築時になかった機能を付与することが可能です。塗り替えることにより建物の寿命も延び、資産価値も上がります。

塗料の種類

塗料の種類はアクリル樹脂塗料やウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料などがあります。それぞれに耐用年数の違いがあり、費用も異なってきます。
塗料の種類により、工事費が格段に高くなることはありませんので、長い目で見ると多少高くても良い塗料を使ったほうがトクということが言えるでしょう。
最近では、光触媒技術を利用した塗料があり、「太陽の光で汚れを分解し、雨で汚れを洗い流す」のでいつまでも外壁が汚れずきれいです。(約15年間にわたって美観を保ちます。)