奈良県でリフォームが得意のリフォーム会社なら『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

会社名:ビセンリフォーム 大和郡山市事業所
住所:〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町宮西517
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和郡山市/

会社名:ビセンリフォーム 天理市事業所
住所:〒632-0046 奈良県天理市三昧田町17−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県天理市/

会社名:ビセンリフォーム 北葛城郡事業所
住所:〒639-0218 奈良県上牧町ささゆり台1丁目1番地の1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県北葛城郡/

会社名:ビセンリフォーム 橿原市事業所
住所:〒634-0074 奈良県橿原市四分町308−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県橿原市/

会社名:ビセンリフォーム 大和高田市事業所
住所:〒635-0054 奈良県大和高田市曽大根181
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県大和高田市/

会社名:ビセンリフォーム 磯城郡事業所
住所:〒636-0304 奈良県磯城郡田原本町十六面102−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県磯城郡/

会社名:ビセンリフォーム 桜井市事業所
住所:〒633-0061 奈良県桜井市上之庄162−3
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県桜井市/

会社名:ビセンリフォーム 生駒市0事業所
住所:〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町88
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県生駒市/

会社名:ビセンリフォーム 御所市事業所
住所:〒639-2241 奈良県御所市茅原218−1
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県御所市/

リフォーム、学べる『リフォらん』

リフォームの依頼から見積もりまでの流れ

1.リフォーム会社に相談をする

リフォームすることを決めたら、リフォーム会社に相談をします。
リフォーム会社にリフォームをしたい場所・要望・予算を伝えると、大まかな費用の提示を受けることができます。

2.現地調査・ヒアリング・概算見積もり

その後、現地調査やヒアリングが行われますが、どこまでが無料で依頼できる範囲か、確認しておくことが大切です。
現地調査や概算見積もりまでは無料のリフォーム会社が多いですが、プランニングは工事規模や会社によります。

3.会社選び・プランニング・見積もり・契約

複数のリフォーム会社に見積もりを依頼する場合は、概算見積もりの段階で絞り、プランニングを依頼した後、最終的な見積もりを確認し、契約へ進みます。

リフォームの見積もりを取る前に必要な準備

修繕が必要な箇所や不満がある箇所を洗い出す

リフォームは不具合が出るたびに行うよりも、ある程度まとめて工事をした方が
費用を抑えられるうえに、
まとまりのあるインテリアが実現しやすいです。

リフォームを行うことを決めたら、
まずは、住まいで修繕が必要な箇所や、
日頃不便に感じている箇所を
書き出しましょう。

リフォームをする場所と目的、予算を決める

次に、修繕が必要な箇所や改善したい箇所の中から、
リフォームを行う箇所を絞っていきます。

そして、たとえばキッチンの場合“キッチンの交換リフォームをする”のか、あるいは“フローリングや壁紙の張り替えも行い、キッチン全体を一新する”のかなど、
リフォームの目的を決めていきます。

家族の要望をまとめて、リフォームの方向性を決めておくと、リフォーム会社との打ち合わせをスムーズに進めやすくなります。
予算を決めたうえで、予算内で収めるために、
リフォームをする場所や内容の優先順位も検討しておきましょう。

リフォーム会社の現場見学会に参加すると、フルリフォームでどういった空間に生まれ変わるのかイメージできるようになります。
また、キッチンやユニットバスなど住宅設備機器メーカーのホームページをチェックしたり、ショールームの見学をして、住まいに取り入れたいものを探しておきましょう。

リフォーム見積もりの依頼先は?

リフォームの依頼先の種類

リフォームを請け負う会社には、リフォーム会社や工務店があります。
また、設計事務所にプランを依頼し、工務店で工事を行う方法もあります。

リフォーム会社には、総合的なリフォーム会社のほか、
住宅設備メーカー、水道・電気・ガスなど設備工事会社系、塗装工事店系などがあり、得意分野が異なります。

リフォームを希望する場所・範囲・予算・デザインなどのこだわりに合わせて選びましょう。

新築時の工事会社等に依頼する方法も

一戸建てを建てたときの住宅建築会社や、マンションのデベロッパーや管理会社などでは、リフォーム部門を持っていることや、リフォーム会社を別会社で運営していることがあります。
新築時の状況を知る会社なので、リフォーム依頼先の候補のひとつになります。

見積もり書を見るポイントや比較方法

見積もり書には、床工事・キッチン工事・給排水工事といった工事項目が記載され、
工事項目ごとに使用する部材・数量・単価・作業費が書かれています。

たとえば、「給排水工事一式」や「電気工事一式」と書かれ、詳細が記載されていない見積もり書は、どこまでの工事費用を含んでいるのか不明瞭です。
給排水工事を例にとると、キッチンの交換に伴い、キッチンとの接続部分の給排水管のみを交換するのか、給排水管全体の交換をするのかわかりません。

明細をきちんと記載しているリフォーム会社の方が誠実であり、工事着工後のトラブルが防げます。

複数のリフォーム会社の見積もりを比較する場合には、工事項目ごとに金額を確認するとともに、含まれている内容を比較します。
使用する設備や部材のグレードや工事範囲が異なると、金額が見かけ上は安くても、実際には追加費用が生じる可能性があります。
希望するリフォームよりもグレードの高い商品が組み込まれているケースもありますので、希望する内容で見積もりを同条件に合わせて比較することが必要です。

定額リフォームの注意点

昨今、リフォーム会社が打ち出している料金プランには、定額リフォームというものがあります。
一般的なリフォーム費用は、住まいの状況や工事内容に合わせて費用を算出していくのに対して、
定額リフォームは、決められた枠組みの中でリフォーム費用を一律とする料金形態です。
定額制リフォームはフルリフォームが中心で、マンションはm2単価、一戸建ては坪単価で、広さをもとにリフォーム価格が決められています。

定額リフォームは工事を標準化することで費用を抑えるシステムのため、一般的なリフォームと同様に現地調査が行われ、自社の標準工事の範囲内で施工が可能かどうか現況の確認が行われます。
また、選べる内装材や設備が決められていることが多く、希望の商品を使うことができなかったり、追加費用が必要になったりします。

定額リフォームを利用するときは、老朽化による排水管の交換費用や構造体の補強費用などが含まれているか、標準プランで選べる設備機器や内装材にはどういったものがあるか、確認しておくことが大切です。
また、定額リフォームの方が安いとは限らず、プランによっては一般的な見積もりで工事をする方が安いケースもあることにも留意しておきましょう。

依頼するリフォーム会社の決定の方法

リフォーム会社を選ぶポイントとは、金額の妥当性です。複数の見積もりを比較したときに、極端に安い工事項目や極端に高い工事項目がなく、明細がきちんと書かれているリフォーム会社は安心感があります。
最初の見積もりよりも、大幅に値引きするリフォームは金額の妥当性の面で疑問が生じます。

また、リフォーム会社を見極めるうえでは、有資格者や建設業の許可の有無も確認しておきたい点です。
一級建築士や二級建築士、1級施工管理技士などの有資格者がいないリフォーム会社は、建築の知識の面で劣ることも考えられます。
また、500万円未満のリフォーム工事は建設業の許可は不要ですが、500万円以上の工事実績がないリフォーム会社は、対応力の面で不安があります。

さらに、リフォームの規模によっては着手金が発生したり、中間金を含めた3回払いになったりすることもありますが、小規模のリフォームで着手金が必要なケースは、経営状態に問題がある可能性があり注意が必要です。

納得感を持ってから契約を

リフォームは、車や家電のように形のあるものを購入する形態ではないため、工事内容や費用にわかりにくさがあります。

納得感を持ってリフォームの依頼先を決めるためには、下調べをしてリフォームに関する知識を身につけておくことが大切です。
見積もり内容に不明な点がある状態で契約を結ぶことは避けて、説明を求めるなどし、リフォーム会社と信頼関係を築いて、納得してから契約するようにしましょう。

リフォーム見積もりのお役立ちコラム