奈良県のリフォーム会社・リフォーム業者をお探しなら奈良県密着の『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

エクステリアリフォーム・外構工事の種類

会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

玄関アプローチの外構工事

玄関アプローチの外構工事
門をくぐるとすぐに玄関がある家と、玄関までの道のりがある家、どちらに魅力を感じますか?門扉から玄関までの道を玄関アプローチと言います。訪問客が必ず通る場所ですし、玄関周りは初めに目に入る、第一印象を決める重要な場所となります。


門扉・門柱の外構工事

門扉・門柱の外構工事
あなたの家に門はありますか?大きな門や小さな門、扉のついている門やついていない門などその形状や素材は豊富にあります。
門はあなたの家の顔ともいえる部分です。全体の雰囲気やバランスを考慮しながら、門の設置の必要性の有無も考えましょう。


塀・囲いの外構工事

塀・囲いの外構工事家の外構の一つに塀があります。メインの機能はプライバシーを守るための目隠しや防犯ですが、おしゃれな住宅を演出するにはデザインもしっかりと考える必要があります。
また、家を新築する際に始めから塀を設置していた訳ではなく、後からリフォームによって追加する、というケースも少なくありません。


フェンスの外構工事

フェンスの外構工事
外側からの視線を遮りたい時や敷地の境界をはっきりさせたい時等に効果的なのが、「外構フェンス」です。
比較的簡単に設置できる上、外観の装飾という面でも最近注目を集めています。


ガレージ・カーポートの外構工事

ガレージ・カーポートの外構工事駐車スペース用のエクステリアの選択肢は、ガレージやカーポートがあります。
デザインだけでなく安全であるかどうかや使い勝手の良さも重要なファクターであり、プランニングに当たってはこれらを十分に考える必要があるでしょう。


庭・ガーデンの外構工事

庭・ガーデンの外構工事
趣味の場所として楽しむ方が多い”庭”という空間。一口に庭づくりといっても、コンセプトやデザインなどに様々な選択肢があります。
なかなか造り直しというのは難しいので、なるべくイメージ通りのものを造り上げたいものです。


ウッドデッキ・テラスの外構工事

ウッドデッキ・テラスの外構工事
庭に降りずにアウトドア空間を楽しみたい場合や洗濯物を干すスペースを確保したい時は、ウッドデッキ・テラスがおすすめです。
最近では日差しや雨雪をよける為の屋根が付いているものが一般的で、様々なサイズやバリエーションが用意されています。


サンルーム・ガーデンルームの外構工事

サンルーム・ガーデンルームの外構工事
リビングに太陽の光を取り込みたい、室内で洗濯物を干したい、ペットの遊び場としてのスペースが欲しい、といった方におすすめなのがサンルーム・ガーデンルームです。
リビングルームに隣接する形で設置するケースが多く、リフォームの際に増築する方が増えてきています。


ベランダ・バルコニーの外構工事

ベランダ・バルコニーの外構工事
洗濯物を干したりガーデニングのスペースとして使用したりと日常的に良く使うベランダやバルコニー。
使用頻度が高い上、雨風に常にさらされているため劣化しやすく、定期的な補修もしくはリフォームが必要です。


照明・ライティングの外構工事

照明・ライティングの外構工事
庭やアプローチの雰囲気を良くする外構工事の一つとして、照明の設置があります。
夜における空間の演出や安全・防犯面でも効果が期待でき、取り付ける方が増えています。


表札・ポストの外構工事

表札・ポストの外構工事
住宅のイメージに直結する玄関周りのエクステリア。中でも表札やポストは日常的に使うものであり、重要なポイントの一つです。
昔は没個性なものが多く見られましたが、最近では住宅のスタイルの多様化にも伴いいろいろなタイプの商品が増えてきています。


植栽の外構工事

植栽の外構工事
住宅の雰囲気を良くしたい、空間を広く見せたいといったときに有効なのが植栽です。
雰囲気作りだけでなく目隠し等にも使えますし、何年も継続して成長を楽しむ事ができます。


物置設置の外構工事

物置設置の外構工事
車やバイクの整備用の工具、庭のお手入れ用の用具、スノーボードやサーフボード等様々な物を入れる事ができる物置。
普段あまり使わない物を入れる事も多く、ついつい選び方がおろそかになってしまいがちですが、買ってから後悔…なんてことにならないようにしたいものです。