ビセンリフォーム

奈良県の奈良市・生駒市を中心にリフォームを行うビセンリフォーム

照明の種類

一般住宅の主な照明器具の種類と特徴をご紹介。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

シーリングライト

シーリングライト

天井に直接取り付ける器具。主照明として部屋全体を明るく照らすのが役目で、最も一般的な照明です。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

シャンデリア

シャンデリア

吊り下げ型と天井直付型があります。リビングや吹き抜け空間に適しています。

[/wc_column][/wc_row]

[wc_spacing size=”20px”]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

ペンダントライト

ペンダントライト

チェーンやコードなどで吊り下げるタイプの照明。ダイニングに吊るして、食卓を演出するのに最適です。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

フロアスタンド

フロアスタンド

床に置くタイプの照明で、読書時に活躍します。また、夜にこの照明だけをつけると部屋がシックな雰囲気に。

[/wc_column][/wc_row]

[wc_spacing size=”20px”]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

テーブルスタンド

テーブルスタンド

テーブルなどの上に置くスタンドです。細かい手作業をする際はもちろん、空間の演出にも適しています。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ダウンライト

ダウンライト

天井に埋め込んで使用する照明。主照明としても、またリビング・寝室の補助照明としても使われます。

[/wc_column][/wc_row]

[wc_spacing size=”20px”]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

スポットライト

スポットライト

集光性が高いので、部屋の一部を照らし出せます。光が強いので、直接目に入らないよう取り付け位置に工夫を。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

吹き抜け灯

吹き抜け灯

広い吹き抜けスペースを華やかに演出する照明。メンテナンスに便利な、電動で高さを調節できるタイプがベター。

[/wc_column][/wc_row]

[wc_spacing size=”20px”]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

 ブラケットライト

ブラケットライト

壁面や柱に取り付ける補助的な照明です。独特の雰囲気をもつ光が、空間のアクセントになります。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

フットライト

フットライト

床近くの壁に取りつけて、足元を照らすのが役目。廊下や階段、寝室の常夜灯としてもおすすめです。

[/wc_column][/wc_row]

 

照明の種類とその効果

室内の照明は、一般的には天井に主照明が1灯だけという「1室1灯」ですが、単一の光なので単調で室内もどこか貧相な印象になりがち。
やはり全体を明るくする主照明と、部屋の雰囲気を演出する補助照明とを組み合わせる「1室多灯」プランがおすすめです。

シーリングライト主照明のみ
シーリングライト
主照明のシーリングライト1灯だけが、部屋を均一に照らします。単調な印象です。

シーリングライト+ダウンライト主照明に補助照明をプラス
シーリングライト+ダウンライト
シーリングライトにダウンライトの補助照明で、コーナーまで明るくなり奥行きを感じさせます。

シーリングライト+ブラケット+スタンド3種類の照明の組み合せ
シーリングライト+ブラケット+スタンド
3種類の照明で部屋全体が隅々まで明るく、華やいだ雰囲気になります。シーンに応じてブラケットのみ、スタンドのみの点灯で空間演出も自在にできます。

 

ランプの種類と特徴

家庭用で使用されている代表的な光源は下記の3種類となります。
近年は、LEDが主流となっています。

光源の種類
(代表例)
LED 蛍光灯 白熱灯
省エネ・
長寿命の先進的なエコ光源
長寿命で経済的な光源 演出効果の高い光源
LED 蛍光灯 白熱灯
光源の性質 ○点光源に近く、ツヤや立体感の表現に優れている。
○熱線や紫外線をほとんど含まない。
○拡散光で影がでにくい。 ○点光源に近く、ツヤや立体感の表現に優れている。
点灯 ○低温時でも瞬時点灯する。
○調光も可能なタイプがある。
○点滅に強く、ON-OFFが頻繁な場所に適する。
○低温時に明るくなるまで時間がかかるものが多い。
○調光も可能なタイプがある。
○点滅に弱く、ON-OFFが頻繁な場所に適さない。
○低温時でも瞬時点灯する。
○容易に調光が可能。
○点滅に強く、ON-OFFが頻繁な場所に適する。
演色性
(色の見え方)
普通~良いものまで存在 普通 良い
寿命 約40,000時間(光束が初期値の約70%になるまでの総点灯時間) 約6,000~18,000時間 約1,000~4,000時間
経済性 特に経済的 経済的 経済的でない
光色
(代表例)
昼白色タイプ:爽やかで活動的な雰囲気
電球色タイプ:落ち着いた雰囲気
昼白色:爽やかで活動的な雰囲気
電球色:落ち着いた雰囲気
やや赤みを帯びた、
暖かく落ち着いた光色
調光 調光可能なランプ・器具のみ 調光可能器具のみ すべてのランプ・器具
調色 調色可能な器具のみ
光色切替 光色切替可能なランプ・器具のみ

 

明るさの目安

部屋の広さに適した明るさ(適用畳数)は、LEDは定格光束値(lm:ルーメン)、蛍光灯はワット数を目安に考えます。

【LED器具】

器具のタイプと定格光束値によって畳数表示の基準が異なります。

■LED一体型器具または全般配光形※LED電球使用器具の場合
※全般配光形:配光角180度以上
適用畳数 標準定格光束(lm) 定格光束の範囲(lm)
~4.5畳(約7m2 2,700 2,200以上~3,200未満
~6畳(約10m2 3,200 2,700以上~3,700未満
~8畳(約13m2 3,800 3,300以上~4,300未満
~10畳(約17m2 4,400 3,900以上~4,900未満
~12畳(約20m2 5,000 4,500以上~5,500未満
~14畳(約23m2 5,600 5,100以上~6,100未満

 

LED器具

■準全般配光形※LED電球使用器具の場合
※準全般配光形:配光角90度以上180度未満
適用畳数 標準定格光束(lm) 定格光束の範囲(lm)
~4.5畳(約7m2 2,000 1,600以上~2,400未満
~6畳(約10m2 2,400 2,000以上~2,800未満
~8畳(約13m2 2,900 2,500以上~3,300未満
~10畳(約17m2 3,400 3,000以上~3,800未満

 

LED器具2

【蛍光灯器具】

器具の種類・形状・点灯方式 適用畳数
4.5畳
(約7m2
6畳
(約10m2
8畳
(約13m2
10畳
(約17m2






カバー付 インバータ FL20W×2
FL20W×3
FL20W×4
FL20W×5




カバー付
および
下面開放
インバータ FCL32W+30W
FCL40W+32W

LEDおよび蛍光灯器具の表は、(一社)日本照明工業会「ガイド121-2011:住宅用カタログにおける適用畳数表示基準」をもとに作成したものです。
明るさは、JIS Z9110-2010「照度基準総則」で規定する居室の全般照明で推奨している床面における水平面照度を基準としています。

●「適用畳数」は、居間・応接室・寝室などの居室の全般照明に使用する器具に表示しています。
●この表はあくまでも目安です。セードのデザインや材質によっては異なる場合があります。
詳しくは各商品のスペックの畳数表示をご参照ください。