奈良県のリフォーム会社・リフォーム業者をお探しなら奈良県密着の『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい。

『サービス力』・『施工技術』・『デザイン力』この3つの力のこだわりをお客様へ

介護リフォーム|広陵町|北葛城郡

介護リフォーム会社・業者・工務店・広陵町
会社名:ビセンリフォーム
住所:〒636-0813 奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘2丁目11−4
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp

会社名:ビセンリフォーム 奈良市事業所
住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町369
電話番号:0120-856783
URL:https://bisenn.jp/奈良県奈良市/

介護リフォーム


バリアフリー・介護リフォームは、介護する側にもされる側にも安全で快適な空間へと作り変えることが重要ではありますが、介護を必要とされる方が自立した生活を送れるよう支援する手段のひとつでもあります。
前もって導入する場合、実際に必要となった時には状況が変わっているかもしれないということを念頭に入れたうえで検討しましょう。また、実際に必要になってから工事を始める場合は、仮住まいで介護をしなくてはいけなくなることもあります。導入するタイミングや施工の見極めは難しい部分ではありますが、ご家族状況に合わせて考えていきましょう。

広陵町での介護の施工事例


介護リフォーム会社・業者施工事例広陵町

施工事例

    介護リフォームする前に参考にしたい介護リフォームの施工事例をご紹介します。

  • 内容 (事例⇛介護リフォーム)
  • 期間 (事例⇛1日)
  • 価格 (事例⇛17万)

介護リフォームの施工事例を見る

介護リフォームのお見積りは分かりやすい全額ご提示


リビングリフォームのお見積りは分かりやすい全額ご提示

お見積の詳細

    介護リフォームには、古い床の撤去や清掃などの作業が含まれ、材料も諸々と必要になるため、
    「見積りが多項目になって分かりづらい」というご意見をいただきました。そこでビセンリフォーム会社は、施工するお部屋の大きさや形状に応じて見積りを作成し、工事に必要な費用の全額を提示しております。他社様との相見積りなどの際に、ぜひ工事完了に必要な総額も比較検討してください。

お見積り事例はこちら

高齢者のためのリフォームポイント

年をとると、ちょっとした段差でつまづいたために転倒、そして骨折、または頭をうって大きな事故につながる可能性が高くなります。段差の解消や手すりのとりつけ、滑り止めなどが必要になってきます。

扉を選ぶときに気をつけることはありますか?

開き戸は身体を移動しながらの開閉動作を必要とするため、高齢者にはどちらかというと不向きです。引き戸のほうが危険が少ないといえます。また引き戸は手をかけやすい形状とし、吊り戸にするか、床埋め込みのレールにするか、段差をつくらない配慮をしましょう。

ドアノブを選ぶときもポイントがあるのでしょうか?

年をとると握力も低下するため、丸いドアノブはつかみづらく、使いにくくなります。ドアの握手は、使いやすいレバーハンドルがおすすめです。

お風呂のポイントは?

お風呂は最も事故が起こりやすい場所ですから、十分な配慮をするにこしたことはありません。広さとしては、介護可能なスペース(1坪以上)を確保しておくことが望ましいです。 また手すりの設置や、浴槽はまたぎやすい高さで、滑り止めがあるものにします。床も滑りにくい仕上げ材を選び、入り口には段差がなく有効幅 60cm 以上の引き戸か折れ戸にし、外から開錠できるようにしましょう。

キッチン

調理や後片付けなどキッチンの立ち仕事はなかなかの重労働なので、座ったまま作業ができる配慮が必要です。年をとると立ち姿勢が変わるので、流し台の下を少しくぼませておくと楽で、いすも使えます。流し台、調理台は身長に合わせて低めに。レンジ台は一般に流し台と高さを合わせていますが、鍋の中がのぞきにくくなるので、10cmほど低くします。
また、日常的に使うものは、手の届く範囲(高さが150cm以下)に収納するようにしましょう。
また、調理器具については、鍋のから炊きなど過熱を防ぐサーモスタット機能や消し忘れ防止タイマーが付いていることが大切です。ガスコンロ、電気式コンロなど、どのタイプのものを選ぶにしても、このような機能がついたものであれば、高齢者でも安心して使えます。

寝室

トイレの回数が多くなるので、寝室の近くにトイレが配置してあれば、寒い冬場や深夜でも移動が楽で安心です。足腰が弱くなった高齢者には、畳に布団を敷くよりもベッドを使用したほうが動作が楽になります。ベッドは車いすの使用や、介護のしやすさを考えて、足元、両サイドの3方向にはスペースを確保しておきましょう。また、照明やテレビ、冷暖房などの操作をベッドから行えるように、枕元にリモコンをまとめておくと便利です。緊急時の呼出しブザーがついていれば、さらに安心です。

介護保険制度を利用するには


介護保険制度を利用すると、1割自己負担でリフォームを受けることができ、最大工事費用が20万円まで補助を受けることができます。
工事費用が20万(支払額18万)になるまでは何度でも利用ができますが、工事内容としては支給対象項目に当てはまるリフォームであることなど細かな条件があります。

介護保険制度の補助金受給の対象者、対象工事、給付の手順は以下の通りです。

受給対象者

要介護認定で「要支援」・「要介護」と認定されている
改修対象住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、実際に本人が居住している
助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)

給付対象工事

手すりの取り付け
床段差の解消
滑りの防止、移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
引き戸等への扉の取替え
洋式便器等への便器の取替え
その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

給付の手順

市区町村に申し出て、要支援、要介護(1~5)の認定を受ける。
工事の際には一旦、施工会社に工事費用を全額支払う。
領収書・工事費用の内訳・改修完了確認証(施工前と後の写真付き)など必要書類を揃え、各市町村へ介護保険の給付申請を行う。
介護保険制度は介護報酬が3年に一度、制度自体が5年に一度見直しが行われています。
補助金給付額や計算方法は、見直しの際に改訂される場合があるので、最新情報については事前に介護支援専門員(ケアマネジャー)などに確認しておきましょう。

また介護保険制度以外にも、各自治体などで、「高齢者住宅改修費支援制度」や「障害者住宅改造費助成制度」が用意されていることもあります。助成額がそれぞれ異なるので、自治体の相談窓口に相談してみると良いでしょう。

介護リフォーム会社・業者・工務店をお探しの方へ


介護リフォーム会社・業者一度チェック
介護リフォーム会社・業者問い合わせ

広陵町外の介護リフォーム営業エリア


ビセンリフォームのリフォームサービス営業エリアは、 奈良県の地域に限定させていただいております。
その理由は、きめ細かいサービスを提供したいからです。
リフォーム工事は、建設業ですがサービス業として捉えています。
限定した地域、目の届く範囲でサービスを提供し、お客様とも生涯お付き合いできる関係を築いていきたいと考えております。
どうぞ末永くお付き合いを宜しくお願い致します。

介護リフォームのQ&A


Q1.費用はいつ払えばよいですか?
お支払いは、作業終了後に現金にてお願いしております。