ビセンリフォーム

奈良県の奈良市・生駒市を中心にリフォームを行うビセンリフォーム

介護リフォームの豆知識

介護リフォームとは?

介護される人が、家の中の危険を取り除いて、安心して快適に過ごすことのできる住居空間づくりであると同時に、介護する人が、安全で快適に使うことができるようにするためのものです。
介護用リフォームで重点的に考えたいことは、まず、事故を予防すること、そして、介護を受ける人が、自分でできる事を自分で行えること、そして、介助者が使い安くすることです。ポイントとしては、床を滑らない材質に変えることや、手すりを設置すること、家の中の段差を徹底的になくすこと、扉をなるべく引き戸に変えること、などがあります。
介護用リフォームで重点的に考えたいことは、まず、事故を予防すること、そして、介護を受ける人が、自分でできる事を自分で行えること、そして、介助者が使い安くすることです。ポイントとしては、床を滑らない材質に変えることや、手すりを設置すること、家の中の段差を徹底的になくすこと、扉をなるべく引き戸に変えること、などがあります。
それでは、家の各箇所で、どういったリフォームを行うと使い安いかを、もう少し詳しくお話ししていきましょう。

玄関の介護用リフォーム

介護のために、玄関の一番のネックになるポイントは、上がり框の高さにあります。一般的な住宅では、上がり框の高さは15センチ前後とされていますが、車いす利用者や、足腰が弱っている人にとっては、非常に使いにくいものです。
そのため、出るのが億劫になって、家に閉じこもってしまうことのないように、バリアフリー化して使いやすくする必要があります。介護用リフォームでは、この上がり框をなくし、段差を解消するという工事をすると良いでしょう。
また、手すりを設置することや、床をすべりにくい材質に変更するといったリフォームも、思わぬケガの防止になります。

トイレの介護用リフォーム

和式便座であれば、まずは洋式に変更することが一番です。
それ以外の方法は、手すりの設置もおすすめです。車いすから便座へ移る際のことを考え、L字型の手すりを設置するのが望ましいと思われます。
また、車いすや介助者が、一緒に入ることができるスペースを確保することを想定した空間づくりも必要でしょう。
さらに、出入り口の幅は90センチほど取り、できれば引き戸にするのが良いようです。

浴室の介護用リフォーム

浴室は、一日の疲れを癒し、くつろぎの空間であるとともに、高齢者の事故が意外と多い場所でもあります。その原因としては、出入り口の段差でつまずく、浴槽が高くてまたぎにくい、そして、浴室外との気温差による体調不良を引き起こすなど、さまざまです。
浴室の介護用リフォームでは、これらの点を解消するほか、手すりの取り付けや、滑らない材質の床に張り替えるなどの工事で安全性を高める工事をすると良いでしょう。
段差の解消による、水の流出を防ぐため、排水を良くすることも忘れずに行いましょう。
介護用リフォームを得意とする専門業者も増えてきています。ライフスタイルや希望のリフォームに合う業者に、相談してみることをおすすめします。
介護用リフォームは、介護リフォームの経験が豊富なビセンリフォーム会社に相談すると安心です。