リフォーム 奈良県 なら奈良周辺の『ビセンリフォーム』へお気軽にご相談下さい

奈良県でリフォームするなら奈良・生駒郡三郷町の『ビセンリフォーム』

エクステリアリフォーム・外構工事|奈良市

外構・エクステリア・ガーデン・フェンス・カーポート奈良市

エクステリアリフォーム


エクステリアリフォーム外構工事)とは、ガーデンフェンスカーポートサンルームといった家の外回りについての工事のこと。
エクステリアは家と外とをつなぐ空間であり、お客様や近所の方々に対する「住まいの顔」とも言える、非常に重要な場所です。
しかしながらこのエクステリアやガーデンを作る外構工事に対して、新築後「3年以内に9割」の方が不満を抱いているといわれることをご存知でしょうか?
例えば、駐車スペースが使いづらい、アプローチや階段が歩きにくい、道路から丸見えでプライバシーが守られない、後から木を植えようとしたら構造上できなかった……などなど。
新築時に住宅メーカーの見積もりプランで外構工事をしたけれども、格安でもなく膨大な費用をかけたのに満足いくエクステリアができなかったという相談を受けることも少なくありません。
せっかくのエクステリアやガーデンが、逆にストレスのもとになってしまうのは非常にもったいないことです。
このような外構工事の不満は、家づくりにおいて、住まいを意識したエクステリアをデザインしていないことが原因で起こります。
家を新築するとき、家の中のことについてこだわる方は多いですが、エクステリアやガーデンにこだわる方はそう多くなく、外構工事は住宅メーカーに任せきりという方もいます。
住宅メーカーの外構工事費用に合わせて作られることもあり、そのように住空間を意識せずに作られたエクステリアが満足のいくものになるはずがありません。
エクステリアやガーデンは、住まいとつながり、生活の中に活かされることで真価を発揮します。
口コミで人気な家の掃き出し窓から出てウッドデッキやテラスでお茶を楽しんだり、リビングから続くガーデンルームで子供たちが遊んだり。玄関から駐車場まで雨に濡れないで辿り着く。
エクステリアやガーデンも家のフェアの一部としてデザインし、外構工事を行うことが大切なのです。

奈良市でのエクステリアリフォーム・外構工事施工事例


外構・エクステリア・ガーデン・フェンス・カーポートビフォー・アフター奈良市

外構・エクステリアのスタイル

外構・エクステリアのスタイルは、防犯やプライバシーの確保の役割から大きく3つのスタイルに大別できます。

オープンスタイル

オープンスタイルは門扉やフェンスで仕切らないスタイルとなり、欧米などでよくみられます。開放的なスタイルとなるため街並みに調和するように、建物ののシルエットを活かした空間の演出ができます。ただし、開放的なスタイルゆえに防犯やプライバシーの確保についてが課題となります。

クローズドスタイル

クローズドスタイルは、家の敷地の外周をすべて、門扉・門柱・外壁・植栽等で囲うスタイルとなります。門扉とフェンスなどと住居部分をトータルコーディネートすればまとまりのある外観とすることができます。また植栽には季節感と彩りが感じられるものにするとよいでしょう。ただし、防犯の面では入り込んでしまえは人の目から隠れる場所ができてしまう可能性があるため、門扉やフェンスにはある程度の見通しのよい適度なバランスが求められます。

セミオープンスタイル

オープンスタイルとクローズドスタイルの折衷スタイルで、駐車場以外を門扉・門柱・塀垣・植栽などで囲むスタイルとなります。

エクステリアリフォーム・外構工事で他にできる事は『エクステリアの種類』を参照下さい。

エクステリアリフォーム一度チェック
エクステリアリフォーム問い合わせ

エクステリアリフォーム営業エリア


奈良県内奈良市生駒市大和郡山市大和高田市香芝市橿原市桜井市天理市葛城市生駒郡北葛城郡御所市五條市宇陀市磯城郡高市郡など対応

ビセンリフォームのリフォームサービス営業エリアは、 奈良県の地域に限定させていただいております。
その理由は、きめ細かいサービスを提供したいからです。
リフォーム工事は、建設業ですがサービス業として捉えています。
限定した地域、目の届く範囲でサービスを提供し、お客様とも生涯お付き合いできる関係を築いていきたいと考えております。
どうぞ末永くお付き合いを宜しくお願い致します。

エクステリア工事のQ&A


Q1.だいたいどれぐらいの日程でできあがるものでしょうか?
平均的な新築エクステリアでは着工から2~3週間です。
リフォーム工事では撤去解体作業が入ることもあり、工期は新築よりも少し長くなることがあります。

Q1.外構の一部など、ちょっとした工事でも相談できますか?
ぜひご相談ください。
現在の住まいの不満点やご希望をお聞かせいただいた上で、部分的な工事が良いのか、エクステリア全体で考えた方が良いのかをアドバイスいたします。
エクステリアの種類
エクステリアの豆知識
エクステリアリフォームビフォーアフター

新着リフォーム事例